ヤマト運輸の人手不足の問題の改善案

最近ではヤマト運輸の人手不足の問題や、残業代未払いの発覚などがニュースになりました。人手不足のために時間帯によっては配達を廃止する対策をとったそうです。人手不足の問題として、配達をしに行ってもお客様が不在で再配達に時間を多く取られるとニュースで書かれていました。私もAmazonなどのネット通販をたびたび利用します。Amazonの場合は、配達時間を指定すると有料になってしまうのでいつも配達時間の指定をせずに注文しています。平日の昼間は仕事で自宅にはいないので、不在票を確認して再配達を依頼するようにしています。この配達時間の指定を標準にすれば、再配達は減らせるのではないかなと思います。配達時間の指定が標準になれば、ヤマト運輸の配達する側の人も効率よく仕事をすることが出来ますし、受け取る側も再配達の依頼をしなくても良いのでとても助かります。現在のように配達時間の指定がオプションで料金に上乗せになるのであれば、指定なしで頼む方が多いのが現状だと思います。しかし少し配達料に上乗せをしてでも指定時間を選ぶ制度を標準にすれば、多くの方が利用するかと思います。配達する側も受け取る側も楽になるという面で、実現すれば良いのになとニュースを見る度に思います。プロミス 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です