座れる通勤電車導入相次ぐの記事について

関東地方の私鉄各社が、通勤客向けの有料座席指定サービスの導入する動きが相次いでいるとのことです。サービスの向上ばかりでなく、沿線の少子高齢化による定期券収入の減少を見越し、新たな収益源を確保するねらいがあるとのことです。
私鉄各社は、ダイヤ過密の通勤時間帯にこのような列車を走らせることをためらっていましたが、通勤に有料特急を利用する乗客が増えているために、導入が広まっているとのことです。
有料ではありますが、座れる保証がないグリーン車が有る電車は通勤時間帯でもJR東日本の中距離路線で走っていて、グリーン車を利用しています。
関東地方では通勤距離の長い人も多くいるようです。そのため満員電車での長時間通勤はキツイものだと思います。そのため別料金を支払っても座って通勤したいと思っている人が多くいるのではないでしょうか。
各鉄道会社は、沿線の人口減少に備えて有料の座席指定の電車を導入しているようです。ただ人口が減ってしまうと、電車の運行まで支障がでてくるための対策でもあるのでしょう。モビット 審査
通勤時間帯に座れるのは良いことなのでしょうが、南関東といえども人口減少が起きていることを考えると将来の公共交通体系の在り方を考えなくてはならなくなってきているようです。また沿線の住宅地も高齢者の増加があり一緒に考えなくてはならないのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です