個人的には1ドル=100円でいいと思います

最近、再び円高傾向がみられますが1ドル=100円という為替が一番妥当ではないかと思います。と言いますのも超円高と言われる75円の頃から比べるとまだ円安のはずなのです。それを100円で円高なんて言われますと、少し不満が残ります。
時々、NHK-BS1のデータ放送を見てみますと、100円を超えているのはアメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフランこの4か国経済圏でしか100円を超えていないのです。
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールこの4か国が75円~79円台になっています。どうも日本の為替だけをみてみますと、アメリカとヨーロッパの為替だけしか報道されない現状には不満があります。
当時の民主党政権時の時が円高になりやすい傾向が確かにありました。しかし、自民党が再び政権を取ると分かった時が円安に行く要素が強かったと思います。
約4年近く政権をとっているにも関わらず、今度は75円まではいかなくても90円の円高に行きます。ただしユーロとイギリスポンドがカギを握るのでは?今回の円高はイギリスでの「ユーロ離脱による国民投票」が素になっているのですから、これをまず解決しない限り今回の円高は収まりそうもないどころか、ユーロはもちろんの事、イギリスポンドまでも円高になる可能性もあると思います。お金を借りるとき!あなたが知らない3つのポイント!
アベノミクスが失敗しているから円高になっているのではない事だけは言えると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です