インターネットのマナー。

最近各方面で問題として挙げられていることといえば、ネットのマナーについてだと思います。例えば、コンビニスタッフのアルバイトが冷蔵庫に入ったのを、ツイッターにアップした事件はかなり有名ですよね。

これ以外でも、若者を中心としたネットを使ったモラルの悪化は、年々増え続けているようです。なぜ、このようなモラルの悪化が広がっているかは、人それぞれ理由は異なることです。しかし、大きな観方をするとすれば私個人は一つの要因に目が留まりました。

それは、日本人の国民性です。日本人は、欧米人に比べると本音を言わないといわれています。確かに、私も含め日ごろ人と接する際は、お世辞や社交辞令をかなりの割合含めて話をします。

それは、ビジネスなどの際は円滑に人間関係を、進めることが出来るなどもちろんたくさんの利点があります。しかし、当然デメリットもあります。中々本音を出しづらいとフラストレーションや、ストレスもたまるといった問題もあります。

そうなれば、どこかで発散をしなければなりません。つまり、そのフラストレーションやストレスの発散として最適なのが、ツイッターやネット掲示板などの匿名性のネットツールなのです。やはり、匿名だと自由度も高くなり、実生活以上に開放感を味わえるものです。

そのため、日本においては実生活以上に、ネットのモラルやマナーが乱れやすい国民性があると私は考えています。しかし、これらはしっかりとマナーを守れば、楽しいツールなので教育機関などでも、しっかりとネットの使い方などの指導は行うべきです。みずほ銀行カードローン 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です