1日1回スーパーで食費を節約しよう

家計で一番節約しやすいもの、それは食費です。よくやるのが、1週間に1回のまとめ買い。しかしこれでは、安いからという理由で不要なものまで買ってしまう恐れがあります。メニューが決まっていないままだとなおさらです。よくはまりがちなのが、精肉コーナーや、鮮魚コーナーでよくある3パックで1000円などのまとめ買い割引。効率よく使い切れればいいですが、よほど料理上手でないと無理です。そこで、意外に効率的なのが1日の食費を決めてしまうこと。例えばうちでは1日1000円と決めます。1000円だけもってスーパーに行き、その日に使うものだけを買います。1日の昼食と夕食分ならお肉は2パックだったり、魚も1種類で済みます。野菜を買ってもそこまで高くはなりません。例えばカレーだとすると、玉ねぎ1ネット198円、じゃがいも1袋が150円、人参1袋100円、豚肉か牛肉が398円。あとカレールーを150円で買ったとして、1000円以内です。1000円使って出たお釣りは貯金箱へ。すると、翌日は残り物で昼食まで済ませ、夕食の買い出しに。玉ねぎやじゃがいも、人参は残りがありますね。それを踏まえると、翌日は肉・魚どちらかのメイン材料のみの買い物でもいいはずです。1000円以内で済ませる癖をつけると、お釣りの貯金もたまり、なんだかんだ食費が3万円以内で済むことになります。まとめ買いで無駄をだすより、その日のものをその日のうちに買う方が無駄なく節約がいつのまにかできると思います。お金を借りる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です