中国の動きに影響される日本の株価

このところの日本の株価は外的要素によって大きく影響を受けるようになっています。特に隣国である中国の株価急落、そして人民元安の誘導政策などが影響して不穏な動きになっており、今後どのようになっていくのか不安は隠せません。日本の株価はそうしたものに影響されているとはいえ、まずまずの高値を維持していて、2万円代をキープしていますので、悪くはないと思われます。とはいえ、これから9月にもアメリカが金利の引き上げをするのではないかという懸念があまりますので、これから年末にかけてはどのような相場になっていくのか予想が難しいようにも思います。

中国の経済成長の減速、そして株価の下落、そして政府の介入などによる不自然な動きは引き続き注視していかなければならないのは確かであり、最も影響を受ける国の1つが日本であることも間違いないと思っています。とはいえ、それはあまり望ましいものではないとはいえ、やはり中国の経済危機というのを見てみたいという思いもありますので、どのような状況になったとしても、それを受け入れて動揺しないようにしたいものです。今の日本の株価が最高値であり、今後は下落していくような感じがしています。そしてこれ以上の円安は望んでいません。

アコム 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です