会社でコツコツ小銭を貯めて、節約&緊急時の財源に

日々の節約方法として、働いている方に一つおすすめなのが「ランチのお釣りをすべて貯金する」「会社での経費精算をすべて貯金する」という方法です。

会社で働いていると、ランチでお金を使いすぎてしまったり、コンビニでついついお菓子を買ってしまったり、飲み物を買ってしまったり…と、細かい出費が多いものです。

しかし、その「余り」を「貯金する」つまり、貯金箱の中に「封印」してしまえば(使えなくしてしまえば)、自然とお財布の中に入っているお金の減りが早くなるので、

「お金を使わないようにしないと」という意識が働きやすくなります。

また、経費精算を貯金するのも同様の理由です。お財布の中にお金を増やさないことによって、節約効果を期待することができます。

しかも、この方法の良いところは、実際にはお金は減っていないどころか、貯蓄になっているという点です。

もし、急な出費などで金欠になってしまった時に、貯金箱の中のお金を、臨時出費用のお金として充当することができます。

さらに言えば、間食が多い方にとってはダイエット効果も期待できるかも知れません。

今すぐ自分のデスクに貯金箱を用意して、ランチのお釣りや会社の経費をコツコツ貯め始めることをおすすめします!オリックス銀行カードローン 審査

カテゴリー: 未分類 | コメントする

戦後70年を迎える今年の夏

暮らしの中で国民一人ひとりが「平和を守る」ことの意味を、今年ほど重く問われていることはないのではないかと思います。

国会では連日、集団的自衛権の行使容認と安全保障関連法案をめぐる議論が続いています。法案が通れば、アメリカの戦争に日本も巻き込まれる恐れが高まることは目に見えています。

先の戦争はある日突然起きたわけではないのです。朝鮮半島や中国、そのほかの国々に出かけて植民地を作り、侵略する一方、国内では国民を戦争に総動員し、さらに国民が自発的に監視しあうような体制が、地域の町内会を含めていつの間にか、徐々に整えられていきました。ある書物で映画監督の伊丹万作はだまされることの罪を指摘しています。

「だますものだけでは戦争は起こらない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起こらない」とだまされる側の責任も厳しく問うています。集団的自衛権の行使容認が閣議決定された2014年7月以来、日本は今、「戦争ができる普通の国」への道を歩み、まさに歴史の転換点に立っています。

「平和を守る」決意を固めている人々、とりわけ与野党問わず国会議員の責任は重いと言えます。

戦後70年の夏に「二度とだまされない」ための心得をしっかりと考えたほうが良いのでは、と思います。

三菱東京UFJ銀行のバンクイック審査を申し込めば、あなたも今すぐカードローンでお金を借りることができるようになります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

中国の動きに影響される日本の株価

このところの日本の株価は外的要素によって大きく影響を受けるようになっています。特に隣国である中国の株価急落、そして人民元安の誘導政策などが影響して不穏な動きになっており、今後どのようになっていくのか不安は隠せません。日本の株価はそうしたものに影響されているとはいえ、まずまずの高値を維持していて、2万円代をキープしていますので、悪くはないと思われます。とはいえ、これから9月にもアメリカが金利の引き上げをするのではないかという懸念があまりますので、これから年末にかけてはどのような相場になっていくのか予想が難しいようにも思います。

中国の経済成長の減速、そして株価の下落、そして政府の介入などによる不自然な動きは引き続き注視していかなければならないのは確かであり、最も影響を受ける国の1つが日本であることも間違いないと思っています。とはいえ、それはあまり望ましいものではないとはいえ、やはり中国の経済危機というのを見てみたいという思いもありますので、どのような状況になったとしても、それを受け入れて動揺しないようにしたいものです。今の日本の株価が最高値であり、今後は下落していくような感じがしています。そしてこれ以上の円安は望んでいません。

アコム 審査

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント